MENU

びまん性脱毛症の原因と症状って?

びまん性脱毛症とは女性に多い薄毛の症状で、部分的では無く毛髪全体が薄くなることが特徴です。

 

髪のボリュームが減って、密度が薄くなった髪の間から地肌が透けて見えてしまうようになり、年齢よりも老けた印象が強くなってしまいます。

 

抜け毛が増えた、分け目が目立つようになった、髪が細くなったなどが思い当たる場合は、びまん性脱毛症の可能性があります。

 

40代以降の日本人女性の10人に1人がこの症状に悩まされていますが、最近では若い女性でも増加の傾向にあります。

 

びまん性脱毛症の原因はいくつかありますが、
まず挙げられることが加齢による女性ホルモンのバランスの変化です。

 

女性ホルモンは年齢と共に減少し、閉経の頃には急激にバランスが乱れます。
女性ホルモンが減ってくると逆に男性ホルモンが体に与える影響が大きくなり脱毛因子が増えることと、加齢によるコラーゲンの減少も頭皮や髪を乾燥させることに繋がり抜け毛が増えるとされています。

 

女性ホルモンの減少により起きやすくなるもので、男性のAGAのように男性ホルモンが多すぎて薄毛につながるものとは根本的な原因が違います。

 

更に女性ホルモンの減少は体調に大きな変化を与え、更年期障害による睡眠不足やストレスなども抜け毛に大きな影響を与えます。

 

また、若い女性でも妊娠と出産による分娩後にびまん性脱毛症になる場合があります。
妊娠時には女性ホルモンが活発に分泌されるためホルモンバランスが狂い、ヘアサイクルにも影響を与え、出産後に異常な脱毛症状を起こすことがあります。
しかし、これは一時的なもので自然に治ることがほとんどなので心配する必要はありません。

 

びまん性脱毛症を改善、予防するためには栄養バランスを考えた食事は欠かせません。
強く丈夫な髪の基となるたんぱく質を多く含む大豆や卵、たんぱく質を助長する働きのある亜鉛を含むカキやレバー、緑黄色野菜に多く含まれる各種ビタミン類などを普段から食卓に取り入れることが大切です。

 

ストレスやダイエット、過度のヘアケア、洗髪をしすぎて髪や地肌にダメージを与えてしまっても促進させてしまうので注意が必要です。

 

生活習慣を見直して健康的な日々を過ごすように心がけましょう。

 

びまん性脱毛症の原因まとめ

 

加齢、妊娠、出産による女性ホルモンバランスの乱れ

 

ストレスや過度のダイエットなどによる生活習慣の悪化

 

過剰なヘアケアによる頭皮へのダメージ

 

 

びまん性脱毛症の予防法

びまん性脱毛症は髪が全体にボリュームが無くなっていくことが特徴であり、気付かないうちに症状が進行してしまうこともあります。

 

ホルモンバランスの変化と頭皮の老化現象が原因と言われていますが、注意が必要なのは若い女性でも薄毛になってしまうことがあります。

 

実際にホルモンバランスの変化などは加齢とともに起こることなので予防も中々難しいですが、まずは普段からきちんと頭頂部をチェックしておくのが重要です。

 

早めに症状に気づくことができれば原因にもよりますが育毛剤などでケアできます。

 

びまん性脱毛症はホルモンバランスの変化が原因のことが多いので閉経後に一気に進行すると言われており、閉経を迎えた人は特に注意しましょう。

 

ただ、若い女性でも生活習慣に原因がある場合は要注意です。
また、過度なダイエットや間違ったヘアケアなどが原因になることもあります。

 

びまん性脱毛症の予防法としては生活習慣を改善するということがポイントです。
食生活に注意することはもちろん、適度な運動をすることや十分な睡眠を確保すること、ストレスを上手く解消することなどが重要です。

 

びまん性脱毛症を予防して健康的な髪の毛を手に入れたいという場合、1日3食の食事を規則正しく摂取するようにしましょう。

 

ダイエットのために過度な食事制限を行うと髪の毛にも悪影響を及ぼすことがあり、血行不良を改善することも大切ですし、過度なヘアケアは要注意です。

 

シャンプーは1日1回だけで良いですし、髪の毛よりも頭皮を意識して洗うことが大切です。
1日に何度もシャンプーをすると頭皮に必要な皮脂まで落としてしまいます。
皮脂を落とし過ぎると逆に皮脂の分泌量が増えてしまいますし、薄毛を引き起こす原因になってしまうのです。

 

また、パーマやカラーリングなども頭皮への負担が大きくなるので注意しましょう。髪の毛を作るための栄養素は食事から摂取することになります。

びまん性脱毛症になったら、どうしたらいいの?

それでは実際に髪が全体的に薄くなり「びまん性脱毛症」かなと思ったら、どうしたらいいのでしょうか?

 

まずは「びまん性脱毛症」を引き起こしている原因を特定する必要があって、クリニックで検査を受けることで判明する場合もありますが、自身の生活を見直して原因を探ってみるのが簡単ですね。

 

専門クリニックに行けば内服薬を処方してもらうことが可能で、抜け毛を改善し発毛を促す成分としてアミノ酸やビタミンB群にたんぱく質などが含まれている薬です。

 

普段の食生活からも得られる成分ですが薄毛改善につながるように特別な構造になっているアミノ酸などが含まれているため、内服薬による治療法を続けたほうが効果的な改善が期待できます。

 

薬によって薄毛が改善してきても原因の解消も同時に行わなければびまん性脱毛症が再発してしまう恐れがあるため、女性ホルモンのバランスを整えたりストレスの発散をしたりしながらバランスの取れた食生活を心がけていく必要もあります。

 

クリニックで相談を行うことで生活改善のアドバイスをもらうことも可能ですから、一人で取り組んで挫折したりしないよう、医師とともにびまん性脱毛症の改善に取り組む方法もあります。

 

けれども、実際は薄毛になってクリニックに相談というのも結構ハードルが高いと思います。

 

薄毛になった場合は、まずは生活習慣を見直し自分に合った女性用育毛剤を試してみるのも良いと思います。

当サイトおすすめの女性用育毛剤「花蘭咲」
>>花蘭咲の体験談

 

関連ページ

女性用育毛剤について
女性用育毛剤についての女性の意見を集めてみました。以前までは育毛剤は男性専用と考える方が多かったですが、今では多くの女性用育毛剤があります。薄毛でお悩みならば、早めの女性用育毛剤の使用が効果的です。
エビネ蘭エキスの効果とは?
花蘭咲(からんさ)の成分で使用されているエビネ(海老根)蘭エキスの効果ってどうなんでしょうか?
初期脱毛って、どんな症状?
初期脱毛って、どんな症状?育毛剤を使い始めて、逆に抜け毛が増えるって聞いたことがあるんです。それを「初期脱毛」というらしいですが、初期脱毛ってどういう症状なんでしょうか?
AGAは女性でもなるって本当?
AGAは女性でもなるって本当?AGAって男性だけだと思ってたら、女性もなるんですね。女性のAGA(FAGA)の症状と治療方法を調べてみました。